ハウスクリーニング業を開業するときに注意することとは?

海外進出に必要なこと

ミーティング

海外進出先として最近注目されているのが、インドネシアであり、経済成長や人口の多さがその理由です。進出するためには、コンサルティング会社を利用すると安心です。手順は、計画などの打ち合わせから、現地視察と調査を行ないます。その後、法人設立をして人材の確保やインフラ準備へと進みます。

手軽に起業しやすい職種

作業員

掃除代行のニーズは拡大中

独立開業が目指せる業種はさまざまありますが、中でも比較的短期間で開業できるとあって人気が高いのが、ハウスクリーニングです。ハウスクリーニングとは主として個人の住宅に出張し、掃除を代行する仕事です。共働き世帯の増加などによって年々ニーズが拡大しています。また、高齢者世帯からの需要も増加しています。ハウスクリーニングが短期間で開業できるのは、特別な資格や免許が要らないからです。そればかりか、自宅を事務所として利用できるなら、店舗さえ必ずしも必要ありません。最もシンプルなハウスクリーニングの開業方法は、まず開業セミナー等を受講して清掃技術を学び、洗剤や掃除用具などをホームセンターや通販で買いそろえ、移動用の車両を確保したら、後は営業活動を行うだけというものです。営業方法はチラシのポスティング、訪問営業、駅への看板掲出などさまざまなやり方がありますが、ホームページの開設はほぼ必須となっています。そのため、専門業者に制作を依頼するか、制作支援ソフトなどを使って自ら立ち上げます。ホームページにはサービスの内容を掲載する必要がありますが、ハウスクリーニングの仕事には大きく分けて日常的な清掃代行と、専門家ならではの特別な清掃の2種類があります。前者は通常の拭き掃除や洗剤洗浄ですが、調理機器の焦げ付きや水回りのカビなど、素人ならばかなり手間をかけないと落とせない汚れ等をキレイにしてもらえることが期待されます。一方、後者の場合はエアコンやレンジフードの分解清掃といった、高度な技術を要する仕事が求められます。

手続きに気をつけて

施術

場所や資金など、様々なハードルが整骨院の開業には存在します。そうした難関をクリアしていくには専門のサービス機関の存在が欠かせません。資金の運用について相談ができたり、各種申請書の整理や作業代行を依頼できたりもします。